らくらくマネーを使ったクレジットカード現金化は自力現金化よりも効率がいい

クレジットカード現金化には自分で買った商品を自分で売って現金に変える方法と、専門のクレジットカード現金化業者に申し込みをする方法の2種類があります。

らくらくマネーは後者に当たるクレジットカード現金化業者の中でも特に評価が高く、業界を代表する業者の一つとなっています。

ここでは自分でクレジットカード現金化をするのと、らくらくマネーのような業者を利用するのとではどちらが得なのかについて詳しく解説していきます。

らくらくマネーのような業者を使わない現金化はリスクが高い

商品転売といった方法で自力のクレジットカード現金化をするメリットは、自分が納得のいく金額で現金化ができるまで粘れるという一点になります。

業者に提示される換金率がどうしても納得いかないのなら、自力の現金化に挑戦するメリットは確かにあると言えるでしょう。

ただしその場合はメリットを遥かに超える様々なリスクを負うことにもなります。

たとえば現在、クレジットカード現金化に向いた転売効率の高い商品のほとんどは個人転売が禁止されてしまっています。

業者の換金率を上回る現金化をするなら、それこそ転売屋が群がっているような競争率の高い商品を押さえる以外にはないのが実情です。

また、それだけ苦労して転売を成功させたとしてもクレジットカード現金化目的の取引を疑われるとカード会社などからペナルティを受ける可能性もあります。

こうしたことから、自力での現金化は労力に見合わないと結論づけることができます。

らくらくマネーを使う現金化は非常に合理的

一方でらくらくマネーのような専門業者を使ったクレジットカード現金化は、ほぼノーリスクで済むという圧倒的なメリットがあります。

特にらくらくマネーはその長い運営の歴史においてカード事故を引き起こしたことがなく、取引の安全性に関しては絶対の自信を持っています。

また自力での現金化のように商品の仕入れや販売といった手間も不要なため、極めて効率的に現金を得ることが可能になります。

らくらくマネーでは基本的に申し込みから即日のうちに現金を振り込んでもらうことができるので、急に現金を用意する必要に駆られた際には頼りになることでしょう。

業者を使うことの唯一のデメリットは換金率次第で損失が出てしまうことですが、現金化までのスピードや安全性と天秤にかけた場合の必要経費として納得のいく範囲であることは間違いありません。

クレジットカード現金化を自力で行おうとする人は未だに多くいますが、その大半は非効率的な現金化によって逆に損をしている状態と言ってしまっていいでしょう。

らくらくマネーのような現金化業者は一見すると換金率を操作して暴利を貪っているように見えるかも知れませんが、実際のサービス内容は十分満足のいくものとなっています。

実際にらくらくマネーを利用した人達の口コミも総じて満足度は高いため、クレジットカード現金化をする際はらくらくマネーのように評判のいい専門業者を使うのが一番となるでしょう。